ページの先頭です

施主支給を岡山県でお考えなら!住まいの八百屋さんにおまかせください!!

お問い合わせはお気軽に

0120-471-408
岡山県の施主支給への
            お問い合わせ

No.1「プッシュ水栓」のウソ・ホント

■プッシュ水栓って何?

プッシュ水栓は浴室の洗い場に付けられる設備。
洗い場には必ず水栓金具がある。蛇口からお湯を出すための栓、そしてシャワーからお湯を出すための栓だ。
水栓金具は通常、回すことで操作する。お湯の温度を変えるために回す。お湯を出す、止めるを操作するために回す……。
この「回す」操作の一部を「押す」という操作に変えたのがプッシュ水栓である。

■どのように使うものなの?

具体的に説明しよう。
最新のプッシュ水栓はシャワー用、蛇口用で二つの押しボタンがある。 いずれも直径が5センチ以上あり、かなり大きいボタンだ。

このシャワーボタンを押すとシャワーヘッドからお湯が出てくる。もう一度同じボタンを押すとシャワーが止まる。 蛇口用のボタンも同様に操作する。

つまり、「押す」という操作だけで、出す・止めるが操作できるわけだ。
お湯の量を調節するときは、ボタンの外側に付けられたジョグダイヤルを回す。
湯温の調整ダイヤルは別に付けられ、それを回すことでシャワー・蛇口から出る湯の温度を変える仕組みである。

■その長所は?

プッシュ水栓の長所は、どんな人にも使いやすいこと。
握力が弱い高齢者や小さな子供でも簡単にお湯を出す・止めるを操作できる。

湯温や湯量を変えるときには「回す」という操作が必要だが、介護者があらかじめ湯温・湯量を決めておけば問題ないだろう。
視力が弱まり、細かい字が読めないときでも操作しやすいといった長所もある。

一般的な水栓に比べると高価だが、お役立ち度も高い設備といえる。